2019/02/03 22:18:50
  • 明日にまたぎます!ユングのタイプ論説明から。

▼△▼△▼△▼△ 2019.2.03.San ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一緒に分かろうとしつづける
リーディング通信 vol.67

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HP http://ycocoro.com/
 

*+†+* はじめに *+†+* *+†+*
こちらのメルマガはよりそいサロン心のお客様、
またFBやブログを通じて知り合った方にお送りしています。

今日はユング心理学のタイプ論についてご紹介です。
長くなったので、明日に続きます。
このタイプ論を元に、それぞれの特徴別に2019年の
幸せになるためのヒント情報を、明日配信していきます。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

【よりそいサロン心のLINE ID】

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

〜しみかに質濃く、繋がれる〜
よりそいサロン心の LINE ID 作りました。
1対1トークもできます。

恋愛、結婚、人生日常で湧いてくるお悩み、たわいもない
質問でもなんでもいいです。聞いてみたいことがありましたら、
公式アカウント よりそいサロン心まで送ってくださいね!

LINE@では、志水のお仕事の中でどんな風によりそっているかも
お話ししていこうと考えています。(ラインで話しているだけで
よりそい方を体感できるかもしれませんのでぜひぜひ、気軽に話しかけてくださいね!)

その後簡単な回答は、LINE@で、長編の回答はメルマガのリーディングで配信します。
http://ycocoro.sakura.ne.jp/mailer/upload/031.png

IDは@xtg1253g  


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
[ 1 ] あなたは 元々は内向の人か?外向の人か?
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

人は心の態度、心の向きが2種類あり、
それは内向と外向と、心理学者ユングさんは過去に言いました。
内向は、関心が内側に向きやすいか、
外向は、外側に向きやすいかである。

内向の人は自分の内面と向き合っている時に元気が出やすく、
外向の人は、自分の外側、外の世界に接している時に元気が出やすい。
またどちらの方が良いなども特になく、
ただ心の態度がどっち寄りであるというだけの話。
 
さらにこの分析は、あくまで傾向、であって、
両方使っているなどもある。
ただ 元々はどっちなのかが分かっていると、
自分の自然な姿が見えてきて
心の力みのようなものを外して、生活できる。

両面をシーンによって使い分ける方もいて、そういう場合は
元々がわかりにくいが、プライベートでどうなのか、
リラックスしている時を見てあげると、判別しやすいかもしれない。

リラックスしている時に他者や周りのことに気が向きやすく、自然に自分のことをさくさくとアウトプットしやすい方は「外向」、リラックスしている時に、自分の内側で感じられていることを、内側で巡らせている方を「内向」、と呼べるかもしれない。

外向、内向の判別の仕方は一概に、「こうだから内向(外向)」と、単純にくくれるものでもない。複数のシーン、事例からようやく浮かび上がってくるものかもしれない。

また、幼少期を思い出してみると、わかりやすくなるかもしれない。
ただ、それも環境などが原因で、もともとは外向だったのに、
親の接し方が厳しかったなどで内向に転じてしまう場合もあり、
判別が難しくもある。

よほど偏っている人は、すっきりと区別ができるように思います。

ただ、じゃあどちらかだけで本当にいいのかと言われれば、
どちらも使えた方がいいのでは?とも言えます。

どっちかであることを知ることのメリットは、自分が本当は
内向でいたいところを、無理して外向にしていたり、
本当は外向でいたいところを、内向にしていることがないか、自分を確認して、
さらに工夫して生きやすくするためなのかなと、思っています。




+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
[ 2 ] ユングのタイプ論を簡単に説明
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ユングは人間の心の習慣のタイプを3指標(側面)によって
分類できると提唱した。
1つめの分類が先に述べた、内向と外向である。

2つめの指標は、心的機能、感覚機能と直観機能である。
「感覚」は五感を大事に、現実の情報を大事にする心の機能。
たとえば感覚機能の人の大きな特徴として手先が器用で、全体的に
美的センスがいい。細かいことを着実にこなすことが得意である。

対してその逆にあるのは、「直感機能」。なんとなくを大事にし、全体像や可能性を見出すことが得意。未来の予測を得意とする。ひらめきが多く、独創的な発想を可能とする。

もう1つの指標は、もう1つの心的機能、思考機能と感情機能である。
思考機能は、物事を因果関係や分析的に合理的に判断する。
問題の解決志向性が高い。
複雑なことを考えてもパンクしにくく、対処しやすい。

対してその逆にあるのは、感情機能。物事を個人的な価値観や、対人関係への影響などで判断する。一言で簡単にまとめてしまうと、好き嫌いの判断がとっさに出る。いろんな感情を細かく表現できる。感情をきっかけに、物事を判断する。そして気持ちを消化するのが得意だ。
逆に思考機能は好き嫌いで判断せず、正しいか間違っているか、など良し悪しを理性的に判断しようとする。

内向か外向か、感覚か直感か、思考か感情か。この3つの掛け合わせで、こまかく人の心の特徴を見ていくのがユングのタイプ論。
 
また感覚―直感を非合理機能、思考―感情を合理機能と呼ぶ。
掛け合わせ方には順番があるとされ、
一番よく働いている心的機能を、「主機能」、
またそれの次に働いている心的機能を「補助機能」という。

私のメルマガでも、同様に、内向か外向かでわけるのと、
主機能が非合理機能(感覚―直感)か、
合理機能(思考―感情)かどうかをまず判断。
その後に違う機能からもう1つ選ぶ。

例えば、内向で 主機能が感覚、
ならば補助機能は思考か感情かのどちらか。というように。


どの機能も、どれが優れているということもなく、
そのどれもが人が生きる上で必要だと言える。
自分のタイプでない機能は、得意ではないから使わないのかといったら
そんなことはないし、得意な機能を活かしながら、
苦手な機能も少しずつ成長させていくのが理想といえる。

とても簡単に説明しましたが、ユングのタイプ論って
分析がとても難しいものです。
使えるようになるにも理論の理解だけじゃなくて、
人の全体と詳細の理解がバランスが取れているかで、
本来のタイプ論が活かせるかが変わってきます。

一言で言うなら、分類、つまり占いに近いのかなと思ってそのまま単純に1つのシーンや事例だけであてはめると、失敗かもしれない。
いくつものことを想像、柔軟に多角的に見れる場合に、
なんとなく生活に活かせるのかなぁというものです。
(タイプ論でいうと、内向的な直感と思考を持っている人が、
理解と吸収が早いはずです。)

なので、このメールマガジンを読んでいって、
明日配信予定の2019年の特徴を見てもいまいち分からないなぁって人は、
しみかに直接聞いてみてください。
LINE@にご登録してくださったら、
個別に話しかけてみてくださいね。



*+†+* よりそいサロン心 インフォメーション *+†+* *+†+*
メニューラインナップ
「メンタル講座(恋愛婚活編)」 
「メンタル講座(ワーク・ライフワーク編)」
「ふれあいリーディング パワーストーンブレス」
コミュニティ 「ロマンスの巫女」

(東京・東京近郊エリアカフェセッション、ご自宅出張受付中)


【2019年2月からのご予約可能日】
5日(火)午後・10日(日)・11(祝・月)・12(火)・
13(水)午後・14(木)・15(金)・16(土)・
17(日)・18(月)午後・19(火)・20(水)・
21(木)・22(金)・23(土)・24(日)・
25(月)・26(火)午後・27(水)午後・
28(木)

これ以外の日程は一度お問い合わせください
時間によっては受けられることもございます。
また現在受講されているメンタル講座や他のご予約で日程が埋まる場合がございますので、お早めにお問い合わせください。

*お時間や場所応相談にて。


【アクセス・営業時間】

[1] 都内カフェなどで(時間は応相談)
 [2] 出張
 [3] 練馬に来ていただける方限定 しみかの自宅セッション
(都営大江戸線勝どき駅徒歩3分)
お日にちお時間ご相談ください 平日でも承れます 
 
[お申し込み・お問い合わせ方法]

こちらのご予約フォームのご利用(端末によっては使えないことがあります。)
http://ycocoro.com/

または、shimica@me.com
のメールアドレス宛に 
お名前とご希望セッションをご連絡ください。
(3日がたっても連絡が来ない場合にはメールが届いていない
可能性がありますので、大変申し訳ございませんが、
再送信をお願いいたします。)

大変申し訳ありませんが、基本的にお電話でのご予約・お問い合わせは
現在行っていません。
どうしても電話でのご連絡が必要な場合にはお申し出ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一緒に 分かろうとしつづける カウンセリングサロン
「よりそいサロン 心」
志水香理(しみずかおり)
E-mail shimica@me.com 
HP http://ycocoro.com
Blog  http://ameblo.jp/yorisoisalon-kokoro/
Facebook個人ページ http://www.facebook.com/yorisoikokoro
トークカフェサークル用グループページ
https://www.facebook.com/groups/933269670099868/?ref=bookmarks

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼△▼△▼△
配信解除URLはこちら
http://ycocoro.com/mail_magazine/